« 彼岸の中日に思う | トップページ | 1ヶ月経過、妄想のオフ会 »

2006年3月23日 (木)

また、徹夜になりそう

 八王子市議会会議規則によれば、議員は、市の一般事務について、議長の許可を得て質問することができる、とされている。これが一般質問だ。また、本市議会では一般質問は、総合的な政策論議に主眼を置くよう努力する、とされている。

 自分は、初当選直後の議会から1期目16回、2期目、これまで12回、すべての議会でこの権利を行使して質問をしている。ただ数多く質問すればいいと言うわけではない。また、議員と行政による原稿の読みっこのようなこともあり、傍から見ていて面白いものでもない。そのことは良く理解している。

 しかし、市議会の公式な場で発言して、選挙時の公約を前進させることこそが議員本来の務めではないか。実際、1つの質問をするのに、関連の文献や報告書を読み、市が取り組んでいる事業の現状と課題を把握し、政策提案をしていく、と言う作業は結構大変だし、勉強にもなる(逆に、質問しないのは楽である)。また、質問で取り上げたテーマに関しては詳しくなり、そのことに対する自分の考えも定まってくるものだ。

 これまでの質問でも、出来の良いもの、今ひとつなものと様々であるが、質問を通じて議員は勉強し、チエック・提案機能を果たし、行政は答弁を通じて市民と議会に対する説明責任を果たす、この繰り返しによる切磋琢磨が大切なのだと思う。

 しかし、質問作りに関しては、生来ものぐさな自分は、質問前夜に学生時代以来なかったような徹夜作業を繰り返すようになってしまった。今回も、徹夜明けの質問の朝、プリンターを回すような状況にならざるをえなそうだ。テレビで疲れた顔が映ったら「あいつ寝てないな」と思って間違いない。

 今日は予算特別委員会の採決。終了後、会派総会、質問に関する接触、そして後援会のグラウンドゴルフ大会の実行委員会と続く。すべてが泥縄式で、ともかく目の前のことをこなしていこう。

|

« 彼岸の中日に思う | トップページ | 1ヶ月経過、妄想のオフ会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また、徹夜になりそう:

« 彼岸の中日に思う | トップページ | 1ヶ月経過、妄想のオフ会 »