« 介護 | トップページ | 安倍新総裁誕生 »

2006年9月18日 (月)

吉野家

  新聞に入っていた「9月18日吉野家牛丼復活祭」というチラシを目にして、打ち合わせ前に近所の吉野家で腹ごしらえをしていこうと思った。が、これは大変甘い考えだった。

  皆、考えることは同じようで、2列に並んだ行列が店まで50~60mは続いている。列の中には、知ている顔がチラホラ。道路にも吉野家レーンができて警備員の整理にもかかわらず渋滞している。 

  11時に打ち合わせに行かなくてはならない身としては、とても無理と近くの「すきや」に駆け込んだら、こちらは空いていた。ここで、ネギタマ牛丼を食べて打ち合わせに向かい、その後、敬老会など外回りをして、午後3時半頃、吉野家の前を通ると、行列は短くちょっと我慢すれば復活牛丼にありつけそうだった。

  そこで、「マオ 誰も知らなかった毛沢東(下)」を読みながら行列に並び、20分ほどで並牛丼弁当をゲット。家に持ち帰り牛丼復活のニュースを見ながら食べた。

 結局、今日は、朝なし、昼すきやの牛丼、夕吉野家の牛丼というメニューで、家族から呆れられ白い視線を向けられたのであった。

|

« 介護 | トップページ | 安倍新総裁誕生 »