« 決算市長に提出 | トップページ | 『life 天国で君に逢えたら』 »

2007年8月24日 (金)

サルコジ大統領 贅肉写真修正疑惑報道

  米国でバカンス中のサルコジ大統領の写真が修正ではないかとのニュースが世界中を駆け巡っった。いわゆるサルコジ贅肉写真修正疑惑(笑)である。

  「アメリカ大好き」とか、「相撲はグロテスク」などの発言や自由奔放のモデル出身?妻の存在、ゴージャスな休暇など話題に事欠かず、何とはなしに華のある仏国大統領。努力しない者は去れ、といった弱肉強食、能力主義の信奉者のようなイメージと、自ら才能と努力で勝ち取ってきた成功者といった感じで人物像が伝えられている。


 シラクは相撲が日本の文化だと分かっていたのに、サルコジはまったく何も分かっていないケシカランとは思うのだが、何かやりそうな感じはある。

  まあ、そんなことより、今日は政治家の見てくれやファーストインプレッションの重要性について考えたい。ボートに乗った大統領が颯爽とオールを漕ぐ姿、一見同じカットなのだが、方や腰周りに贅肉たっぷり、一方のレクスプレス誌は腰回りスッキリ。これは修正です。しかも素人でも簡単にできる。

 修正した会社は大統領の息がかかっているところで、良かれと思ってやったようだ。こんなニュースが世界中を回ってと、ハハと笑っているが、1つは仏大統領がそれだけ注目されているという証だろう。もう1つは、「人は見た目が9割」でもないが、やはり見た目が重要、特にある種人気商売の政治家は少しの贅肉さえも見せたくない、それほど見た目を気にする人種だと言うことだ。

  サルコジ氏がひとり見てくれを異常に気にするということではなく、政治家というのは見てくれ、発言、声色、著書、行動等々でそのイメージが形作られていく。そのことを本人も側近も良く知っていて情報操作?をしたということだ。

  かつて毛沢東が、自分をおとしめた者達への復讐を誓ったとき、報道の人間を引き連れて川で泳いで見せたのも、健康の誇示が目的であった。

   小泉官邸が、ぶら下がりの回数を増やし、スポーツ紙にまで記者会見をし、というのも飯島秘書官が考えたメディア戦略といわれている。だから、大なり小なり、この世の中は情報操作が常に行われていて、政治家は間接的にしか会うことのない圧倒的多数の人々に、メデイアを通じたマス対策でイメージづくりしている。そして、このことの重要性を理解できないものは映像時代に政治家として大成する要素が欠けているということになろう。

  政治家こそ、中身だ! とは思うが、やはり見てくれは大変重要なのである。だから密かにカツラを被った市会議員が多いのだ。サルコジ大統領の脇腹のアブラからそんなことを改めて思った。

|

« 決算市長に提出 | トップページ | 『life 天国で君に逢えたら』 »