« 沈思黙考 | トップページ | さらなる 沈思黙考 »

2007年12月 9日 (日)

会派

   昨日の読売新聞朝刊。

    自民系会派が分裂  八王子市議会13人で新会派

  八王子市議会の自民党系会派「自民党新政会」に所属していた市議15人のうち13人が同会派を離れ、6日、新会派「自由民主党八王子市議団」を設立、自民系会派が分裂した。旧新政会代表で、新会派でも代表に就任した水野淳市議は、新会派設立について「日ごろの会派としての活動の中で統一歩調をとれない場面もあった」と説明している。

  来年1月27日投票、同28日開票の八王子市長選には現職の黒須隆一市長が3選を目指して出馬を表明しており、旧新政会は所属議員全員で黒須市長を支援しようとした。だが同会派に属する両角穣市議が11月22日の市長選立候補予定者説明会に出席、「出馬について検討中」として黒須市長支援については態度を保留。小林弘幸市議も「もう少し考えたい」として態度を保留にした。

  6日に開かれた同会派の総会で、他の議員が2人に退会を要請したが、2人がそれを拒否したため、新会派を設立したという。
(2007年12月8日  読売新聞)

 

|

« 沈思黙考 | トップページ | さらなる 沈思黙考 »