« 尾崎財団主催パネルディスカッションに参加 | トップページ | 決算代表質疑 »

2009年9月28日 (月)

議決

本日の本会議で決算以外の議案、補正予算案の議決が行われた。

賛否分かれたものはあったが、すべての議案が可決成立。

他に、議員提出議案(意見書)2件が採決に付された。

「新型インフルエンザ対策の強化を求める意見書」は全会一致で可決。

一方、「地方自治体の施策の継続性を守るための予算執行を求める意見書」は会派、議員間で賛否が分かれ、起立採決の結果、賛成多数で成立した。

公明党提出議案に自民、共産、そして民主党議員のうち1人が賛成、社民・ネット、市民・民主クラブと諸派のひとり、我々の会派が反対。国の政策変更の是非を問うて千路に態度は乱れた。

政権交代を受けて、すべてを今までの路線に縛られるのではなく、新たな視点で見直しする余地はありうべき、との判断で意見書に賛成したが、地方議会の内部も今までと違う風が吹き始めているのを実感した一幕となった。

|

« 尾崎財団主催パネルディスカッションに参加 | トップページ | 決算代表質疑 »