« 予算総括質疑 通告 | トップページ | 22,155歩 »

2011年3月 4日 (金)

議会基本条例等検討会 報告書を提出

Photo

本日、「議会基本条例等検討会報告書」を市議会議長宛に提出した。

議会基本条例等検討会の座長としては、昨年5月の第1回の会議から今年2月まで、全11回、20時間に及ぶ議論を経て報告書という形にできたことは感慨深いものがある。

報告書の中身自体は、条例の策定について議論したのではなく、その前提としての議会や議員の在り方を再度規定し直すための共通認識づくりにとどまった。

・議会は十分機能している VS. このままでは議会は市民から見捨てられてしまう

・いままでの規則等で十分な活動をしてきているので条例化は不要
     VS. 今こそ、再度、議会・議員の役割を条例という形で再定義すべき

大雑把に言えば、認識、立場に上記のような大きな違いがあり、議論を進めていくのにはなかなか難渋した。

しかし、20時間に亘り、そもそも論で議会・議員の在り方を論じた意義は大きいと感じている。

今、正に全国的に地方議会が問われている時。所属や立場を超えて分権時代の議会、議員の在り方を発信していくことが八王子市議会にも求められている。

|

« 予算総括質疑 通告 | トップページ | 22,155歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 議会基本条例等検討会 報告書を提出:

« 予算総括質疑 通告 | トップページ | 22,155歩 »