« いくつもの山 | トップページ | 逃走か? 八王子市長選挙公開討論会中止  »

2011年12月29日 (木)

ちょっと気になったコピー

先日の新刊の広告。

津本陽「虎の夢見し」(幻冬舎)。

加藤清正を扱った歴史小説。

「家康がもっとも怖れた男、激動の全生涯!」 とメインコピー。

そして、サブコピーがなぜか琴線に触れた。

曰く、「野望と裏切りが渦巻く乱世。信念を貫くか、大勢に従うか。男の決断が 天下の行方を定める!」

ふと、政治の世界と自らの現状に置き換えてしまった。

|

« いくつもの山 | トップページ | 逃走か? 八王子市長選挙公開討論会中止  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと気になったコピー:

« いくつもの山 | トップページ | 逃走か? 八王子市長選挙公開討論会中止  »