« 八王子まち創造塾 オープンセミナー | トップページ | 舛添知事あて質問書 & 回答 »

2014年6月27日 (金)

都議会ヤジ問題

先日、6月25日に平成26年第2回都議会定例会が閉会しました。

皆さんご案内の通り、この定例会では、都議会のヤジが大きく波紋を広げ、問題視されました。今の段階でも、様々な動きがあり、今日の報道ステーションでは新しい事実が出てくるものと思います。
私たちの対応について、毀誉褒貶様々、ご意見を頂戴しています。私たちは、日本一大きな首都地方議会が「都民のための議会」と変われるよう、険しい道のりを覚悟で精一杯取
組んで参ります。
平成26年6月25日東京都議会本会議にて、みんなの党Tokyoを代表して発言したものをここに記し、私たちの決意に代えさせていただきます。






平成26625日 都議会本会議での発言

(ヤジ問題に関する討論部分)  みんなの党 Tokyo 両角みのる

 

本定例会でなされた著しい不適切発言について申し上げます。

本定例会の都議会本会議に於いて、我が会派の塩村あやか議員の一般質問に対して、女性蔑視ともとれる複数の不規則発言がなされました。発言は女性や個人としての人格を否定する著しく不適切なものであり、決して許されるものではありません。私たちは、このような発言に対し強く抗議をいたしますとともに、発言者には猛省を求めます。 

この問題はいわゆる、「都議会やじ問題」として日本全国はもとより、海外にまで大きく波紋を広げました。発言自体が、多くの方々を傷つけたのみならず、2020年のオリンピック・パラリンピック開催都市として、広く内外からのお客様をおもてなしする東京そして日本のイメージは著しく損なわれてしまいました。同時に、日本の首都議会である東京都議会の信頼は大きく揺らいでいます。

遅きに失したとは言え、一部、不適切発言については、その後数日を経てやっと発言者本人が名乗りを上げましたが、この間に、塩村議員からの「処分要求書」は発言者が特定できない故をもって受理されることなく受理期間を逸してしまいました。

また、その他の複数の不適切な不規則発言は、未だその発言者が分かっていません。私たちは、今回の事態を重く受け止め、不適切な不規則発言者には、議会に席を置く者として自らの発言に責任を持ち、潔く名乗り出ていただくよう強く求めます。同時に議長に於いては、未だに発言者がわからない不適切な不規則発言について議会として調査をしていただくようお願いいたします。

いま、多くの都民、国民、そして世界の目が私たちの都議会に注がれています。そして、今ほど、都議会の自浄作用が試されているときはありません。二度とこのようなことが起こらないよう、私たちは、今回の問題を都議会全体の問題として捉え、信頼回復に全力を尽くさなくてはなりません。

これまで都議会では、時には質問が聞き取れないほどの「やじ」が常態化し、そのことが、今回の問題を引き起こした一因ともなっています。こうしたことを踏まえ、「不規則発言」も含めた議会のあり方を議論の俎上に載せ、しっかりと議会改革を推進していくことこそが、全国自治体議会への範を示すべき首都議会に求められていることではないでしょうか。議員各位には、この場をお借りいたしまして、「ヤジの問題」も含め広く議会改革を議論する場を速やかに設置することを提案させていただきます。

そこでの議論を通じて都議会改革を進め、以て都民の信頼回復を図れるよう私たちも、全力を尽くすことをお誓いし、みんなの党Tokyo を代表しての討論といたします。

|

« 八王子まち創造塾 オープンセミナー | トップページ | 舛添知事あて質問書 & 回答 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55023/56626825

この記事へのトラックバック一覧です: 都議会ヤジ問題:

« 八王子まち創造塾 オープンセミナー | トップページ | 舛添知事あて質問書 & 回答 »