« 小さな事ながら コスト意識について考えた | トップページ | 政治家新年会考 (新年会と政務活動費) »

2014年12月31日 (水)

平成26年の大晦日に

間もなく、平成26年も幕を閉じますが、皆さんにとって本年はどんな年でしたでしょうか。

今年は自分にとって、また、激動の年となりました。

2月の知事選、その後党の選対責任者として臨んだ町田市議選。大雪の中寒かった。

6月には都議会ヤジ問題が発生し、議会内外、マスコミ対応などできりきり舞いとなりました。

11月に衆議院の解散が行われるのに合わせるように、みんなの党内の路線対立が激化し、ついには解党に至り、所属する政党が無くなり無所属となりました。

この他、ニコニコ動画への出演や現在佐賀県知事選を戦っている武雄市の市長にお会いしたり、福島第一原発の視察をしたりと密度の濃い1年でした。

振り返って、1番大きな事は、、、、やはり、所属するみんなの党の解党・消滅ではないでしょうか。活躍できる場を与えてくれ、様々な人と出会えた場がこのような形で消滅したことを残念に思います。

また、今年実施された衆議院選は、自公が圧勝し、共産党以外の野党が低迷し所謂第3局が壊滅状態となりました。やはり、政権党に対抗できる勢力を結集することなしには小選挙区制の下では、いつまでも一強多(無)弱状態を抜けきれないのではないか、との思いを強くしています。

来年は実りある年としていきたいと思います。

皆さん、1年間ありがとございました。

|

« 小さな事ながら コスト意識について考えた | トップページ | 政治家新年会考 (新年会と政務活動費) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年の大晦日に:

« 小さな事ながら コスト意識について考えた | トップページ | 政治家新年会考 (新年会と政務活動費) »