« 今日は一般質問でした | トップページ | 都政史上歴史的な知事不信任案成立前夜に »

2016年6月13日 (月)

全国注視の中、舛添知事出席の総務委員会が終了

長い一日です。

知事が出席しての総務委員会が先ほど終了しました。会派を代表して音喜多議員が質問を行ないました。

すべての質問者が終了すると、知事が発言を求め語りだしました。...
「何卒、何卒ご理解を」としおらしく訴える知事が語った内容は要約すると次のとおり。

・日本に、東京にとってもリオオリンピックは重要

・しかるに、今、不信任案を議会が出し成立すれば、自分が辞任す
 るか、議会を解散するかになり、いずれにしても選挙になりリオ
 開催中の重要な時期に大きな混乱を印象付けてしまう。

・従って、今の時期に不信任案は出さないで欲しい

・リオが終わった後であれば、不信任だされてもかまわない

というのが概要でした。

ここで知事は何を伝えたかったかというと、「リオ五輪中に不信任案など出す不見識なことはするな」。「俺は解散権を持っているぞ」ということなのでしょう。

やはり、信でも次期開催都市の知事としてリオ五輪に出たいということなのでしょう。そして、その後であれば不信任可決されても解散で対抗する可能性があるという、一種の脅しなのでしょう。

しかし、不信任案を出す出さないは、二元代表性にある地方議会の権能・権限で、それに対して「今は使うな」というのは、二元代表制の一方の機関である知事が言ってはいけないことです。

それを、公式な委員会の席で公言すること事態、首長としての資質が欠けているということです。

明日、明後日が今定例会、というか、この4年の任期を通しても最大の山場となります。

これから会派総会を開き対応協議に入ります。

|

« 今日は一般質問でした | トップページ | 都政史上歴史的な知事不信任案成立前夜に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55023/66001133

この記事へのトラックバック一覧です: 全国注視の中、舛添知事出席の総務委員会が終了:

« 今日は一般質問でした | トップページ | 都政史上歴史的な知事不信任案成立前夜に »