« 都政史上歴史的な知事不信任案成立前夜に | トップページ | 参議院選挙 »

2016年6月15日 (水)

舛添知事辞任

先程、平成28年第2回都議会定例会が終了しました。

今定例会は、舛添知事の問題に揺れた、「舛添議会」となってしまいました。

代表質問、一般質問、総務委員会と知事の問題を問いただす質問に埋め尽くされ、最終的には全会派から不信任決議案が提出され、全議員が不信任に同意をする状況の中、最終日当日の朝に辞職願が出され、本日の本会議で辞任同意がなされました。

これにより、2年4ヶ月の舛添都政は幕を下ろしました。

正直、ここ1週間ほどは都政の停滞が目に余り、また、昨日は非常に緊迫した展開で都議会の解散も取りざたされました。

では、この2年余の舛添都政の評価は、といえば、新たなプランをつくり目標設定はなされましたが、正直、政策目標への取組みは緒についたばかりで、何も進んでいません。

舛添都政前半こそ、手堅く仕事を進め、それまでの都政で軽視され勝ちであった福祉分野重視の姿勢が見られたものの、すべて中途半端に終わり、最後は、都政に大混乱と次なる知事選を産んで去っていくこととなりました。

次の知事は、この2年で作成した都政の長期ビジョンを大幅に改定し上書きしようとするでしょうから、結局、ここ数年=石原都政4期目~猪瀬~舛添と新たにプランを作り直してばかりいて、それらの実行ができなかった期間が続いてきました。

この夏には約50億円の経費をかけて知事選が行なわれます。舛添知事が誕生直後、議会の公式の場でも支援を得た勢力に露骨におべっかを使うような態度が見受けられました(結局最後にそこに切られたのですが)。

この局面で新しい知事には、都政に情熱を持ち、実務・行政能力がある手堅い人、そして、公平な立場で一党一派に偏らずに都民、議会対応ができる懐の深い人が望ましいと思います。

パフォーマーで1期や中途で知事を辞めるような人は もう結構です。

次の知事選が新しい東京都政への第一歩となることを強く望みます。

|

« 都政史上歴史的な知事不信任案成立前夜に | トップページ | 参議院選挙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55023/66035291

この記事へのトラックバック一覧です: 舛添知事辞任:

« 都政史上歴史的な知事不信任案成立前夜に | トップページ | 参議院選挙 »