« 森友決裁文書書き換え問題の本質は政官関係にあり | トップページ | 泉 明石市長 »

2018年12月31日 (月)

平成最後の大晦日に

皆さん、こんばんは。

いよいよ平成30年も幕を下ろしますが、皆さんにとってはどんな年であったでしょうか?

今年は国際的には米中新冷戦といわれる状況が顕在化、今後、米中の緊張を軸とした国際関係が進んでいくことが予想され、日本の立ち位置も難しいことが増えてきそうです。

国内的には大阪や北海道での地震、西日本の豪雨など災害が多い年でした。災害で亡くなられた方々に心からの弔意を示すとともに、被災された方々に改めてお見舞い申し上げます。

都政では、6月に受動喫煙防止条例が成立。また、9月には懸案であった豊洲新市場が開場しました。また、東京オリンピック・パラリンピックまでも1年半となり五輪準備が加速した
年でもありました。

こうした中で、私は3月の予算特別委員会で予算特別委員長を務めさせていただいたほか、一般質問等を通じて八王子へのサテライトオフィス設置や災害時のドローン活用など、提案してきた政策の前進を果たすことができました。

個人的には、夏に訪れ台湾で現地の議会の方々と交流したことや淡路島を自転車で回ったことなどが思い出に残りました。それと、ジム通いと食事に気を付けて8~9kigダイエットしました。来年も健康生活を続けていきたいと思います。

2019年は元号が変わり新しい時代が幕を開けます。2019年、懸案事項に区切りをつけて攻める年としていきたいと思います。

もうすぐ紅白も終わります。素晴らしい新年をお迎えください。

|

« 森友決裁文書書き換え問題の本質は政官関係にあり | トップページ | 泉 明石市長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55023/74864671

この記事へのトラックバック一覧です: 平成最後の大晦日に:

« 森友決裁文書書き換え問題の本質は政官関係にあり | トップページ | 泉 明石市長 »