« 平成最後の大晦日に | トップページ | 平成最後の都議会定例会は波乱の幕開け! »

2019年1月30日 (水)

泉 明石市長

明石市の泉市長といえば、子どもを中心として大胆な政策で数々の実績を挙げている全国自治関係者注目の首長。


昨年、2度ほどお会いして親しく意見交換の機会を得たが、ともかくエネルギッシュで説得力のある情熱の人という印象が強かった。


それが故に、今回の不適切なパワハラ言動は誠に残念。
泉 明石市政は、自前の児童相談所の設置や市内全域での子ども食堂の展開。所得制限無しの子育て支援施策 等々を通じて子育て世代が市内に増え、税収増となる好循環のサイクルを実現している。


全ての政党推薦がついたような現職首長を超僅差で破り、オール野党の議会のなかビジョンとアイデアを示し、苦労を重ねながらそれを実現してきた点が魅力でもあった。 各種団体等の支援はほとんどなくオール野党の議会、市役所組織もアウェイであったようだ。そうしたなかで強力なリーダーシップを発揮するには、市民の支持、仕事での成果が必要で職員にも檄を飛ばしたり、叱咤することもあったのだろう。


飾らないキャラで、関西弁で熱くまくし立てる話し方(横山ヤスシ風)で笑わせながら熱を伝えて行くのが泉流。


しかし、今回の件は行き過ぎだった。


1年半前の件がマスコミ報道されるのも4月の市長選を控えているからという面もあるだろう。


率直に謝罪をされたようだが、今後、このようなことがないよう猛省し、より良き明石の為に引き続き邁進して欲しい。


泉市長、頼みますよ!

|

« 平成最後の大晦日に | トップページ | 平成最後の都議会定例会は波乱の幕開け! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泉 明石市長:

« 平成最後の大晦日に | トップページ | 平成最後の都議会定例会は波乱の幕開け! »